MENU
    オイル・ケミカル

    軽自動車こそ、化学合成油の良いエンジンオイルを入れるべし!

    軽自動車の利点は何といっても維持費の安さではないでしょうか。しかし維持費が安いからといって消耗品まで安物を使う、特にエンジンオイルに関してただ安く済ませようとするなら、かえって車をダメにしてしまい高くつく結果になりかねません。

    なぜなら、軽自動車は普通車以上にエンジンに負担がかかっているからなんです。

    今回の記事では、軽自動車と普通車のエンジンにかかる負荷の比較と、なぜ化学合成油が良いのか? どんなオイルがお勧めかについて特集しています。是非参考になさってください。

     

    2級自動車整備士として約20年に渡り、車に関わってきた者としての観点で情報をお伝えします。私自身まだまだ勉強すべき事が沢山ありますが、参考にしていただければ幸いです。

     

    こんな方におすすめ
    • 軽自動車に乗っている
    • どんなエンジンオイルを買おうか迷っている
    • 車を長く大切に乗りたいと思っている

     

    普通車と比べ高回転域を使用

    軽自動車のエンジン660ccという限られた排気量では、普通車と比べどうしても高回転域を使用することになります。

    つまり、同じ年数、同じ年間走行距離であったとしても、エンジンは普通車以上に回転し、消耗しているのです。

    では、実態にどれほどの回転差が生じているのでしょうか?

    以下に軽自動車(ダイハツムーヴ)と普通車(トヨタハリヤー)の高速100km/hでの走行時の、回転数の差を数値化してみました。

    アイドリング100km
    ムーヴ(LA100)850~1000rpm3260rpm
    ハリヤー(30系)600~700rpm2330rpm
    回転差250~300rpm930rpm
    1時間あたりの差15000~18000回転55800回転

     

    • LA100のムーヴのエンジンの点検時は900rpm(+100,-50)
    • 30系ハリヤーの点検時正常範囲は650rpm(±50)

     

    さらに、アイドリング時、40km/h,60km/h,100km/hでの走行時の回転数の比較も表にまとめてみました。

    エンジン回転の計算はこちらのブログを参考にさせていただきました

    軽自動車と普通車ではアイドリング時には1.6倍の差、また1時間だけでも最大で1万8千回転もの差が出てしまうことがお分かりいただけると思います。

    100km/hでの走行時には、約1.4倍の差、回転数にして5万6千回転の差になってしまいます。

    少なくとも平均して軽自動車のエンジンは普通車の1.5倍も酷使されている事になります。

     

    上記の計算では、CVT、ATの違いもあり負荷によって回転数も変化しますのめ目安として考えることが出来ますが、定速走行での計算となることを考えるとさらに回転数の差は大きくなってしまうと言えます。

    つまり、一定のスピードで走っている分には、エンジンにとってそれほど負担はかかることはありません

    しかし、0km→40kmまで加速するためにはエンジンにとって大きな負荷がかかり、660ccの小さなエンジンでは必要なパワーを絞り出すために回転数を上げて、出力を補う事になります。

    この点を考えても、パワー差で劣る軽自動車はエンジンへの負担がより大きくなってしまうのです。

     

    アイドリングストップ機能の代償

    アイドリングストップ時にはオイルの供給が停止しすることで、再スタート時にエンジンの摩耗が起こり易い

    最近の車には燃費向上、環境の観点から信号待ちなどでエンジンをストップさせるアイドリングストップ機能が搭載されている車両がほとんどではないでしょうか

    不要なアイドリングをストップさせ、エンジンを休ませることもでき、燃費の向上も計れるので「良い機能」だと思ったら大間違い!

    エンジンが停止すると、内部にエンジンオイルは供給されず、エンジンオイルは重力で落ちて、オイルパンへと戻ってしまいます。

    この状態から、エンジンが再始動されると“ドライスタート”と呼ばれる油膜切れを起こす現象が生じやすくなってしまい、エンジン摩耗が促進されてしまいます。

    ハイブリッド車も同様の現象が生じます。(こちらの記事を参考

    ハイブリッド車には専用エンジンオイルがオススメ!ハイブリッド車とアイドリングストップ機能付きの車にお勧めのエンジンオイルの紹介...

     

    しかも、信号待ちから一気に加速する事になれば、アイドリング時よりも高い回転数まで急上昇する事になり、十分にオイルが行き渡っていない状況下であれば尚の事、エンジンにダメージを与えやすくなってしまうのです。

     

    化学合成油でエンジンをダメージから守る

    軽自動車は特に、①高回転での使用による酷使や、②アイドリングストップによるエンジンへのダメージから保護する必要があります。

    そこで、特に有効なのが化学合成油(合成油)と呼ばれるエンジンオイルです。

    2つの理由により、化学合成オイルをお勧めしています。

    どういったオイルなのかについて詳しくは以下の記事を参考になさってください

    化学合成オイルとは? オイル選びで失敗しないための5つのポイント!世の中には様々な化学合成オイルが販売されており、正直なところ品質はピンキリです! それで失敗しないオイル選びのために化学合成オイル...

     

    粘度指数が高い

    化学合成油はオイル粘度指数(VI)が高く粘度変化が少ないので高回転で高温になったり、アイドリングストップで油温が冷えたりを繰り返す軽自動車のエンジンに向いています

    オイルは温度が高いと柔らかくなり、逆に温度が低いと硬くなってしまいこれでは油膜切れを起こしやすくなったり、寒いとエンジンの始動性が悪くなってしまいます。

    それでエンジンオイルの理想はと言いますと、どんな温度でも粘度の変化が少ないことを理想とします。

    この粘度変化を数値で表したものを粘度指数(VI)といい数値が大きいほど粘度変化の少ないエンジンオイルに適したベースオイルとなります。

     

    油膜保持力が高い

    アイドリングストップ車には、油膜の保持力が高い、ハイブリッド用エンジンオイルがお勧め

    アイドリングストップ時にはオイルの供給が停止しすることで、再スタート時にエンジンの摩耗が起こり易いということでしたが

    走行中でさえエンジンストップするハイブリット車のエンジンは更に過酷な環境にさらされていると言えます。

    ハイブリッド車用のエンジンオイルは、そうした過酷な状況でもエンジンを保護できるよう、ベースオイルや添加剤が調合されていますので、アイドリングストップ機能が搭載されている軽自動車にもハイブリッド用エンジンオイルを入れておくならダメージからエンジンを守ることが出来ます。

     

    おすすめのオイル

    軽自動車全般にオススメ

    Gulf  ARROW GT20
    オススメポイントガルフはアメリカのニューオーリンズ発祥のオイルメーカでレースシーンにも積極的に参加しています。この商品は高級ベースオイルであるエステルを使用し、さらにPAO を使用することで 200以上の粘度指数となっています。これは一般的な0W-20 と比較して低温時でも始動性能が優れていながら、高温時でも粘度を保つことができる安定したエンジンオイルに仕上げられています。
    分類Full Synthetic(PAO+VHVI)
    APISN
    4L缶
    20L缶
    コスパ

    公式ページ

     

    エネオス Xプライム
    オススメポイントテレビCMでも有名ですが、石油元売業者として世界で6番目に入るほどの規模です。そのエネオスが出しているオイルの中でも高性能のグレードとなっていて、騒音、振動を軽減することによる乗り心地と、省燃費性加速性の性能を従来の製品よりも向上させたオイルとなっています。
    ベースオイル化学合成油
    APISP
    4L缶
    20L缶
    コスパ

    公式ページ

    モービル Mobil super3000
    オススメポイント具体的な成分は表記されていませんが、「エンジン寿命を延長し、車齢に関わず傑出したエンジン保護性能を 発揮します。モービル スーパー 3000 は、過酷な低温走行下でもスラッジ、錆び、腐食に対して、傑出 した保護性能を発揮します」とあり油温が約200°でも、油膜切れやオイルの酸化による粘度上昇を起こさない、エンジンオイルとなっているようです。
    分類合成油
    APISP
    4L缶
    20L缶
    コスパ

    公式ページ

    カストロール EDGE(エッジ)
    オススメポイントEDGEは他社の商品にはない、独自の液体チタンを配合し「強靭な油膜を形成し、カストロール史上最高のパフォーマンスを発揮するエンジンオイル」と謳っているほど、強い皮膜を形成するオイルとなっています。それにより,摩擦を約15%低減し、オイル皮膜を形成主要競合商品と比べ45%油膜が強化され、エンジン内部の金属同士の接触を減らします
    ベースオイル全合成油
    APISP
    4L缶
    20L缶
    コスパ

    公式ページ

    アイドリングストップ車にオススメ

    Gulf HYBRID
    オススメポイントGULFのハイブリッド専用エンジンオイルには“コンプレックスエステル”がベースオイルに採用されており、このオイルの特徴とて、分子構造にマイナスの極性を持つ分子を有するため、金属摺動面に吸着する性質がある。つまりオイルが磁石のように金属面にくっ付いて油膜を保つ為、ドライスタート時や、高負荷時にも油膜切れしにくく、優れた潤滑性を持つことができるようになっています。
    ベースオイル部分合成油 VHVI
    API 
    4L缶
    20L缶
    コスパ

    公式ページ

    カストロール MAGNATEC Hybrid
    オススメポイントMAGNATEC Hybridは、インテリジェント分子が磁石のようにエンジン内に吸着し強力な保護膜を形成します。加えて、ベースオイルに低温流動性に優れた全合成油を採用することで、エンジン始動時は勿論、エンジンオイルの温度が低い状態の走行においても、エンジン内部の金属面の摩耗を劇的に抑制し、エンジンを確実に保護します。従って、エンジンを長時間にわたって良いコンディションに維持することができます。
    ベースオイル全合成油
    APISP
    4L缶
    20L缶
    コスパ

    公式ページ

     

    TAKUMI HYBRIDシリーズ 0w-20
    オススメポイント日本のオイルメーカーで、2013年から販売を開始いしています。モータースポーツSUPER GTにも積極的に参加しレース活動からのフィードバックにより継続的な研究開発を確立さらなる品質改善への努力が払われています。こちらの商品ベースオイルにVHVIにPAOが配合された化学合成油となって基本特性が高く、良好な始動性と省燃費性を確保しつつも、強靭な油膜性能、潤滑性能を発揮します。
    ベースオイル100%化学合成油(PAO+HIVI)
    APISP
    4L缶
    20L缶
    コスパ

    公式ページ