タイヤ

HIFLY(ハイフライ)タイヤ!めっちゃ安いけど大丈夫?評判とメリットとデメリット

賛否ある格安アジアンタイヤですが、今回はその中でもHIFLY(ハイフライ)タイヤを実際に購入し使用してみた感想と価格、信頼性についてレビューしてみたいと思います。

結論から言いますと、かなりオススメです! 

とはいえ、微妙な部分もありました。

そこで今回はHIFLYタイヤをオススメする4つの理由デメリットも説明しますので、タイヤ購入を検討されている方に参考になれば嬉しいです

この記事の内容
  • 実用的でとにかく安い!
  • 口コミ評価が良い!
  • 実際使ってよかった!
  • 安全基準をクリアした安心のタイヤ
  • 2つのデメリット
  • 購入方法
  • まとめ

ハイフライタイヤの詳しい使用感に関してはこちらの記事も参照ください

大丈夫?ハイフライタイヤ使ってみた正直な感想、燃費、騒音などレビューします賛否ある格安アジアンタイヤですが、今回はその中でもHIFLY(ハイフライ)タイヤを長距離使用してみた感想ついてレビューしてみたいと思いま...

 

めちゃくちゃ安い!

品質が良くても、値段が高ければ対して魅力は感じませんよね。

しかし、HIFLYタイヤは前述したように品質も信頼できる基準で造られていて、安い! というのが何よりもオススメできるポイントです!

HIFLYタイヤでは2021年の現時点で10種類の商品がラインナップされていますが、今回は2種類のタイヤをサイズ別に金額をまとめてみました

HF805はハイパフォーマンスの位置付けとなっていますHF201はコンフォートとなっています

サイズHF805 
15インチ¥3690~ / 1本
16インチ¥4390~ / 1本
17インチ¥4820~ / 1本
18インチ¥5270~ / 1本
サイズHF201
14インチ¥2850~ / 1本
15インチ¥3840~ / 1本
16インチ¥5050~ / 1本

このように18インチと大きめのサイズでも5000円ほどで購入でき、ほとんどのサイズでも国産と比べると半額くらいで購入できてしまいます。

口コミ評価が高い!

実際に購入した人の意見を聞くというのはとても参考になるものです。

Yahooショッピングの215/45R17のレビューでは200件以上のレビューがあり、平均で4.7以上の高評価となっていました。

極端な評価(良いも悪いも)はあまり参考にしない方が良いと思いますが、平均の評価がかなり高いのは信頼して購入できる一つの目安になると思います。

10件程度の少ないレビューでは参考になりませんが、これほど多くの件数での高評価は国産ブランドタイヤを含めてもなかなかないと言えるでしょう!

また、HF805シリーズに限らず、HIFLYタイヤはどれも4.5以上の高評価となっていました。 ※以下の画像は一例です。

実際使って良かった!

今回、HF805シリーズのものを購入しましたが、こちらはハイパフォーマンスのカテゴリになるようですが…

実際には普通に使えるというレベルで、ドライ&ウエット路面でのグリップが他の商品より高いわけでも、静音声が優れているわけでもないと感じました。

実際にHIFLYタイヤで走行した感想は以下のようになります

静粛性
ドライ性能
ウェット性能
燃費
高速走行性能

※ 燃費や高速走行でのインプレッションはこちら

以前履いていたタイヤは195/65R15 国産ブランドの2014年製で6年以上前のものになります。

正直静かなタイヤではありません。『まぁまぁロードノイズもあるなぁ』と言うのが正直な印象ですが、タイヤ幅も215で17インチのホイールなのでこんなものかなと納得できるレベルでした。

安全基準をクリアで安心!

格安輸入タイヤ、特にアジアンタイヤと呼ばれるものに関しては、まず信頼性に疑問を持たれる方が多いと思います。

近年のアジアンタイヤと呼ばれるものでも、品質、信頼性が向上しているのが現状です。

もちろん全ての格安タイヤが信頼できるわけではなく安いだけ、というものもありますが、今回紹介しているHIFLYタイヤに関して言えば、安心してお買い求めいいただけると言えるでしょう。

何よりまず、製品の信頼性が高いものであるというのがオススメの大きなポイントです!

 

販売会社:ユニコーンタイヤ社

所在地:アメリカ合衆国 テネシー州 メンフィス

製造国:中国

  • ハイフライタイヤは製造は中国で行っていますが主な拠点はアメリカにあり、米国、さらにはヨーロッパの安全基準をクリアしており、安心できる大きな要素と言えます。

アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、欧州など各国の基準、規定を満たしている事

※ 今回私自身が購入したタイヤにもヨーロッパの規格アメリカのDOT規格両方が刻印されていました

デメリット

安全基準も満たし、価格も安いハイフラタイヤですが…私が感じた2つのデメリットについても、しっかりお伝えしたいと思います。

まず、商品が届いてすぐに感じた、製品のクオリティが雑な印象を受けました。

画像でも確認いただけますが、矢印の部分に「ばり」と言いますか、製造時のゴムの余分な部分が残っているのが、走行には問題ないと思いますが正直気になりました。

2つ目は荒れた路面での騒音です。

街中を走る分にはさほど気にならないのですが…

高速道路で、路面が荒れていると「大丈夫かな?」と思うくらいのロードノイズでしたので、静かなタイヤを望まれる方には、おすすめできないです

 

購入方法

ハイフライタイヤはオートウェイが代理店として販売しており、ネット通販で購入することが出来ます。

Yahooショッピングでも購入可能ですし、下記のバナーからもサイトにアクセス可能ですので是非気になるサイズを確認してみてください。

持ち込みのタイヤ交換は?

ネットで安いタイヤを買って、TIREHOOD|タイヤフッドで交換するのがおすすめです!

TIREHOOD|タイヤフッドでは取付作業を郊外にあるカーショップや待合室のない整備工場でなく

ご自宅近くで設備も整った”ガソリンスタンド”を中心に行っているのが強みです。

しかも面倒な電話予約も不要で、取付作業をする店舗予約もオンライン上で行えます

まさに「ネット通販ならではの価格」と「ご自宅近くでの取付作業」というネットとリアルの良いとこ取りのサービスです。

まとめ

抜群に性能が良いと言うわけではありませんが、しかし、この値段でなんの問題も無く使えるのであれば文句なしの商品です!

ただ、性能表的にドライ&ウエット路面での制動性、グリップ力が優れているわけではなさそうですが、通常使用している分にはタイヤの性能の限界を感じることはありませんでした。

安いタイヤを探している方、購入するか迷っている方、安心してください普通に走れます!